6月13日の理事会にて、代表理事の交代を議決いたしましたのでお知らせ致します。
今後ともみどるをよろしくお願い申し上げます。

【代表理事退任のご挨拶】

 この度、わたくしMediumは当会みどるの代表理事を退任致しましたのでご報告させていただきます。
 昨年4月に「茶話会の安定開催」を掲げ、旧みどる代表に就任して以来、今日まで微力を尽くしてまいりました。
 今年3月の組織改編以降も、まずは各団体のご尽力によるものではありますが、旧みどるを母体とする各団体の開催予告が複数月先まで行われており、最低限公約は果たせたものと考えております。
 その一方、当事者を取り巻く環境の変化を、茶話会の現場からは勿論、社会的にもNHKで1年に渡る発達障害のキャンペーンが組まれるなど強く感じております。
 つきましては、来るべき変化に対応すべく内部の実務に専念させていただき、より責任の重くなる代表職には、成人当事者会NPOなどでの活動経験が豊富であるみつる氏が就任することになりました。
 今までのご協力に対し、参加者の皆様をはじめ、新旧みどるのスタッフ各位、全ての皆様に感謝申し上げます。
 今後とも、みどるをよろしくお願い申し上げます。

2017年6月14日
Medium

【代表理事就任のご挨拶】

 このたび、Medium氏に代わり、代表理事に就任いたしました、みつるです。
 発達障害当事者のための居場所は、これからますます求められてくると考えております。
 また、就労支援・生活支援など、具体的な援助の一環として、当事者のノウハウを共有していくこと、傾聴・SSTなどコミュニケーションスキルを培っていくことも必要になってくると思います。
 そのため、新しいみどるは、単に居場所としてだけでなく、成人発達障害当事者のための支援活動の幅を広げていきたいと考えております。
 また、私は、約5年にわたり、関西での当事者活動に関わってまいりました。その経験を生かし、首都圏だけでなく関西や他の地方との当事者団体とも連携していきながら、当事者会が、これから増加する当事者たちの受け皿として、もっと多くの会が、できるだけ長く存続し、強くしなやかなものとなる一助になれればと考えております。
 特に、当みどるは、中高年向けの団体として、身体的な衰え・親の介護・中高年の就業といった課題にも取り組んでまいりたいと考えております。
 皆様のご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

2017年6月15日
みつる

お知らせ

2017年4月27日付で「くすぼう」氏が理事を退任されました。

氏は旧みどるの共同設立者でもあり、当事者活動およびみどるに多大なる貢献がありました。
今後も大所高所からご指導・ご支援をいただくことも多くあると存じますが、改めて今までのご尽力に深く御礼を申し上げると共に、今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

平成29年4月29日
みどる 中高年発達障害当事者会
代表 Medium

【お詫びと訂正】2017年5月2日
退任を「退会」とするなど、くすぼう氏との関係が全く失われるとの誤解を招く表現がありましたので、若干文言を修正致しました。
くすぼう氏を始め、ご心配をおかけした関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。

お詫び

昨年来より、ある参加者の方に下記のとおり旧みどるとして再三の失礼を重ねておりました。
つきましては、下記の旧みどるの行為に対して、権利義務の一切を承継した私どもから、当該参加者の方と関係者各位に多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
(風評による二次被害・三次被害を防止するため、個人名は控えさせていただきます旨、ご了承下さい)

なお、旧みどるとして適切な対応ができなかった原因は、組織運営のガバナンス(ルールと強制力)の不備により、「個人によるみどるとしての意思表示の適正さの保持と、不適切な外部への意思表示への組織としての対応」と「みどるとしての意思決定ルールの不備・意思表示をしないスタッフがいると意思決定が不能になるという問題」の2点が大きく、2017年3月の組織改編を機に、反省とともに具体的な改善を会則として明記し、ガバナンスの強化を図りました。

以下、改めて以下の点につき、当該参加者の方にお詫び申し上げます。

1.被害者の方に対して、みどるの総意と誤解される形で、参加禁止を伺わせるメールの送信があったこと。
2.被害者の方に対して、送信直後に「みどるとしての意思表示ではない」という意思表示ができなかったこと。
3.その後も、被害者の方に対して引き続き発生した不適切なメールの送信を旧みどるとして防ぐことができなかったこと、及び送信後に具体的な対応ができなかったこと。
4.上記の諸々の失礼に対して、公式なお詫びを今日まで行わなかったこと。

以上

平成29年4月29日
みどる 中高年発達障害当事者会
代表 Medium

【お詫びと訂正】2017年6月5日
本件「お詫び」の趣旨は、あくまで組織としての不備によって、ご迷惑をおかけした方に深く謝意を示すことにございます。
しかしながら、一部の表現に特定の方に責任を転嫁し、非難・中傷していると理解されうる箇所がありましたので訂正致しました。また、日付に間違いがあり書式とあわせて訂正致しました。
初出の不的確な表現について、特に想定されてしまった方に対して、心より深くお詫び申し上げます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。