元々、わたくしども「みどる」は、中高年当事者は当事者会に参加しても、若年参加者の聞き役や相談役に回ってしまうことが多く、中高年当事者の方が自分のことを語る・聞く場として創立されました。

しかしながら、45歳を「中高年ハッタツ当事者会」の参加資格としたところ、それに満たない年齢の方からも多くの当事者会の参加の要望があり、同日開催であればスタッフの負担も軽く、物理的に可能であろうということで開催し、現在に至っています。

現在では、本家の中高年当事者会以上に参加者も多く、成人世代の当事者に対する当事者会の需要を強く感じ、現在も継続して開催致しております。