【茶話会での話題のご紹介】
2018年8月26日(日)に開催されました「第52回 みどる・中高年発達障害当事者会 in 宮の前」から、公表の許可をいただいた話題を一部、挙げさせていただきます。
ご参加を検討されている皆様のご参考になれば幸いです。

現在2018年9月16日(日)に開催の「第53回 みどる・中高年発達障害当事者会 in 荏原」の参加予約を受けつけておりますので、是非ご参加ください。

詳細はこちらをご参照ください。
https://midoru.net/archives/1722.html


【閉会時の皆様の感想より】
・心療内科にかかってから1年だが、高齢でわかっていまさらと思ったが、来て色々と共有できてよかった
・同世代が集まれる貴重な場 / 安心して気楽に参加できた
・具体的な悩みに明確に答えがもらえてよかった
・情報が得られてありがたかったが、それ以上に同じような悩みに会えたのがよかった
・疑問が解決できたことが自信になった
・「できることを習慣化する」というが印象に残った
・以前からみどるは知っていたが、体調などで参加できなかったが、今後は継続して来たいと思った。
・他の会に参加してかえって落ち込んだこともあったが、今日は来てよかった。
・純粋に後半のフリートークが楽しかった

【就労・職場・仕事】
・家業継承のため、業務スキルを必死に学んだが業務にならず、結局、家業を継げなかった。
 → しかし、50代で初めて発達障害の診断を受けて、医師に「その方面の機能が生まれつきなかっただけで、努力不足ということではない」と言われて、気が楽になった。
・仕事の選び方について
 → 自分の能力の凸凹(得意なこと・できないこと)を自覚する
  → 凹(できないこと)を仕事にしない
  → 「努力で克服できないから『障害』」
  → 凸凹や得意と苦手を知るために「ナビゲーションブック」を作る
   参考:http://www.nivr.jeed.or.jp/center/report/support13.html
 → 自分の「強み」がわからない
  → 自分の強みを知る「ストレングス・ファインダー」というものがある
   参考:https://amzn.to/2oc7PFh
・正社員にこだわりすぎて、勤務シフトがきつく身体を壊してしまった
 → お金や待遇よりも、福祉の利用も考えて、心身考えて続く仕事を
・中高年で障害が判明しても就職できるのか
 → 障害枠は意外と年齢には厳しくない
 → 就労移行事業所や障害者向けエージェントを使うことができる
・障害者枠で働いているが、色々辛いので転職を考えている
 → 同僚がみな自分の障害を知っているわけではなく、孤立気味で自分も仕事ができないのが申し訳ない
  → 転職を考えているのなら、障害者向けエージェントの活用も選択肢

【人間関係・日常】
・前の職場ではパワハラにあったが、今の職場では、相談するようにしてうまくいってる。
・自分の思ってることを言語化できない。話してて疲れてしまう。
・発達障害に関する本を読んだ方がいい?
→ 専門家の解説本よりも、当事者の体験の手記とかが役に立つことも。

【健康・医療・制度】
・10年前、ADHDの診断を受け、二次障害でうつに。休薬して催眠療法を受けた。だいぶ改善されたが、今後の維持が課題。
・アルバイトをしながら、ひきこもり。アスペが強い傾向。現場で猫を被ってしまい、素の自分を出さない。
・旦那さんが、心筋梗塞で9日間入院。生活改善をしてくれない。
・仕事で、利用者さんから名前を呼ばれたりして嬉しかったが、休んだ人の代わりの仕事など、聞いていない仕事を振られる事が多々有り、仕事を続けられなかった。
・母が軽度認知症と狭心症。バツイチの妹と同居で、動悸がするようになった。血圧が49の時もある。

【フリートーク】
・医者が手帳取得や年金に対して否定的
 → 現状、発達障害には治療法がなく、せいぜいADHDに改善薬があるだけなので、その処方ができる医師なら、他に(相性がいい・二次障害のコントロールが上手など)理由がなければ、福祉制度の利用に理解があり診断書を出してくれる医師に転院するのも選択肢。実際にそれを理由に転院した事例も複数ある。
・親の介護で時間が取られてしまう
 → 個人でかかえずに、支援制度などを行政や社協に相談するのはどうか
・スマホ10回なくしたり、書類などの作業を先送りしたり忘れたりする
 → ADHDにとって「忘れ物、なくし物」は「注意する、気をつける」という精神・根性論では繰り返すだけなので、ツールとルール(財布や定期、スマホは置き場所を決めて、帰宅したらまずそこにおくなど)を考えて、習慣化する
 → スマホアプリの “Todoist” を使って、やることができたらとにかく入力し、リマインダーをかける。
  → 「やることを全て忘れない」というのは、ADHDには無理難題だが、「やることができたら、その場で入力」「朝や時間のあるときに、今やるべきことはないかとスマホをチェック」は習慣化することができる。
・「ひきこもり」の統計は前回は39歳までを対象にしており、しかも既婚女性は外されている。
 → 実は「ひきこもりは40歳以上が過半数という統計がある。
  → それで今度、内閣府が再調査をすることになった
 → 「ひきこもりは少年・青年層の問題」としてきた行政の態度が「8050問題」を引き起こした。
  → 「発達障害支援=早期発見・早期療育」で成人当事者への支援が遅れている現状では、ひきこもり同様に8050問題が発生するのでは?
・一部の企業に、発達障害者を事前に検出してやとわない・社内の当事者をいぶりだす動きがある
・親の障害受容、親が「気のせいとして取り合ってくれない」
・地方では「噂になるから、家に帰ってくるな」みたいな事例がある
・感覚鈍麻について(大怪我しても自分で気づけないなど) / 感情の鈍麻もあるかも
・光過敏
 ・「当初は老眼かと思った」
 ・サングラスについて → 昔は変な人かもと思っていたが、今ではよくわかる
 ・一年中帽子をかぶってる人が案外増えている
・音過敏
 ・ボール遊びがダメだったのは、ミットの捕球音がダメだったのかも
 ・耳栓や電子耳栓、イヤマフなどを使う?
  ・でも、職場では「音楽聞くな」みたいな誤解を受ける。メガネは許されるのに。


【ご案内】
今後の開催につきまして、確実にご案内を差し上げるため、メールのご登録をおすすめ致します。

【茶話会での話題のご紹介】
2018年7月22日(日)に開催されました「第51回 みどる・中高年発達障害当事者会 in 三田」から、公表の許可をいただいた話題を一部、挙げさせていただきます。
ご参加を検討されている皆様のご参考になれば幸いです。

現在2018年8月26日(日)に開催の「第52回 みどる・中高年発達障害当事者会 in 宮の前」の参加予約を受けつけておりますので、是非ご参加ください。

詳細はこちらをご参照ください。
https://midoru.net/archives/1706.html


【閉会時の皆様の感想より】
・一人でずっと悩んでいたが、前に進んでいけそう
・B型に通所していて、話を聴いて貰えなかった。会に来てよかった
・当事者の立場で発言できる・聴ける・教えられる・学べる
・皆からのアドバイス→自分を見つめ直す機会になった
・考えていたことを褒めてもらって嬉しかった
・普通の人と違っていてよいことがのみこめた
・中高年になって診断されるケースのニーズが学べた

【就労・職場・仕事】
・職場でそこに居ない人の悪口が多く辟易している。1人になれる時間が持てない。
→ 会社から「どんな職種が良いか?」のヒアリングがあったとのことで「1人になれる時間の持てる職種」を希望してはどうか?
・上司の指示が曖昧だったり、提出しても、次から次へと追加されてしまう。
→ その上司が来年にも移動になりそうとの情報から「その方が移動になるまで出来るだけ距離を置いてみてはどうか?」との提案
・短期記憶に問題が有り、指示を覚えられず、指示と違う物を作ってしまう。
→ 産業医に、どうしたら仕事がしやすくなるか?復職までに出来る事は無いか?を問われている。
→ 作業手順や内容を、紙やメールなど見返して確認出来るようにしてもらえないか?
・後で「言った・言わない」の口論も避けられる
・作業の前に、確認をしてみては?
→ 「これが出来ません」より「ここが苦手なので、そこだけ手伝って欲しい」など、ピンポイントで伝えるのが良いのではないか?
→ 自分の取説の様な物を作り、確認は何度もさせて欲しい事も、盛り込んではどうか?
・職場で批評家目線(上から目線)と言われてしまう / つい一言余計に言ってしまう / 無表情と言われる
→ 「自分の取説」を作り、周囲に特性を理解してもらい自分自身も確認する

【人間関係・日常】
・発達当事者間のSNS等のトラブル
→ コミュニケーションを「必要=避けられない(家族、友人等」「不必要=避けても良い」に分別する
→ 早いタイミングで誤解を解き、まずは当人同士で話し合う。(無理ならブロックする)
・相手の期待に全て応えたい
→ 期待に100%応える事は不可能なので限界をわきまえる
→ 「~するべき」ではなく自分のやりたい事、出来る事を固めていき普段から力を抜いた行動をすることも大切だと思う

【健康・医療・制度】
・実家での近所づきあいで、障害者を噂にする人がいて家族から帰省等を避けられる
→ “周りからみるとおかしい人”、ひきこもりの“世間体”問題(特に地方)
→ ひきこもっても”スーパー公務員”=生活保護やベーシック・インカムで生活できれば、当事者としてのPR活動、相互支援、ボランティア(公務員の守備範囲をカバーする存在)などで“自分らしく生きられる”
→ 「ふつうの人」と無理に交わる必要なし、いじめる人は困難を抱えた人が多い(困っていない人はいじめない)
→ 当事者会、ネット上の仮想コミュニティ
・地方から都へ引越、生活定着という課題
→ 今までのように信頼できるドクターが切実、どこに住む?
→ 家賃安い、知り合いが近い、自治体の支援厚い、自然に癒されるなど
→ 具体的な病院・就労移行支援事業所の紹介
→ 不安は大きいと思うが、まずはエイヤと住民票を移し自治体の支援窓口につながる。
・移行期に相談先が途切れるのは心配
→ オンライン上当事者会活動の必要性


【ご案内】
今後の開催につきまして、確実にご案内を差し上げるため、メールのご登録をおすすめ致します。

みどるも回を重ね、おかげさまで、「第50回記念! みどる・中高年発達障害当事者会 in 町屋」を開催することができました。

茶話会で出た話題を挙げてきますので、今後のご参加を検討されている皆様のご参考になれば幸いです。
(なお、下記の話題は公表の許可をいただいたものだけで、全てではないことをご了承ください)

また、現在2018年7月22日(日)に開催の「第51回 みどる・中高年発達障害当事者会 in 三田」の参加予約を受けつけておりますので、是非ご参加ください。
詳細はこちらをご参照ください。

2018/07/22(日) 第51回 みどる・中高年発達障害当事者会 in 三田

【就労・職場・仕事】
・職場で暴力を振るわれて困っている
 ・ICレコーダーを活用して記録&証拠を残して法的に対応する準備を
・今回初めて障害者枠
 ・疲れやすい→14~5時間寝てしまう
 ・若い定型の人が支援してる
 ・恋バナとかつらい
・孤立しない
 ・職場以外のつながりが大事

【人間関係・日常】
・同じ事を何度もする
 ・手順のメモやルーティン化を
・悪気無く、相手を怒らせてしまう。怒られている事に気付けない。(夫婦間でも)
 ・ASDのセクシュアリティー研究によると7%はロマンチックな関係を望まないとか
・うつや体調不良で、やる気が出ない。
 ・1つでも出来た事は、自分を褒めてみる
・運動(筋トレ、ゆるいエクササイズ:ぶら下がり、倒立)ができている
・イベントを仕切っているが、1人でも自分の事を嫌っている・気が合わない人がいるとダメ
 ・割り切る、スルースキルを磨く?

【健康・医療・制度】
・家事支援などの制度について知りたい
 ・手帳を持って役所に相談に行く
 ・何処かで踏ん切りをつけないと、支援は受けられない
・眠剤の長期服用で効きが悪くなる
 ・医者と相談して薬の種類を変えてもらう(同じ薬を5年使わない。最低1~3ヶ月は試用期間を設ける)
 ・生活に運動を取り入れる等の生活改善も大切
 ・過集中などによる疲れやストレス防止の為アラーム等のデジタル機器も利用する
 ・朗読CDやiTunesUポッドキャスト、放送大学ラジオ → 眠気を誘導するので、不眠にもいいかも
  ・「環境音楽 リラクゼーション ASD」で検索
・原因不明の症状:半身のしびれ、感覚なくなる
 ・理解してくれる医師は大事。EMDRや各種身体療法(はり、整体)の体験例。
 ・9.11後、認知療法より針、マッサージ、トラウマ治療のほうが効果的だったという事例も

今後の開催につきまして、確実にご案内を差し上げるため、メールのご登録をおすすめ致します。

【ご報告】第49回 みどる・中高年発達障害当事者会 in 荏原

4/22(日)に「第49回 みどる・中高年発達障害当事者会 in 荏原」を開催致しました。

前回から、卓ごとに【就労・就職・仕事】【生活・健康・制度】【対人関係(家族・支援者・職場)】と分けて、よりきめ細かに話し合い・情報交換ができるように致しました。

茶話会での話題を挙げてきますので、今後のご参加を検討する際のご参考になれば幸いです。
(なお、下記の話題は公表の許可をいただいたものだけで、全てではないことをご了承ください)

【就労・就職・仕事】
 ・最近のオープン枠の動向
 ・手帳がなくても使える制度について
 ・集団コミュニケーションが苦手でもできる仕事
 ・(IT系で)ADHDであれば、定型業務の多い堅実な協力会社より、ベンチャー系自社開発Web系がいいのでは?
 ・先延ばしを火事場の馬鹿力で間に合わせてるが、それが「誤学習」になっているのかも。
 ・先送りを「尻を叩いてくれる」システムがほしい。

【生活・健康・制度】
 ・衝動買いと紛失の繰り返しで、部屋をかたづけたらハサミが7本出てきた
 ・「治す」というより、うまくつきあっていく
 ・障害とうまく付き合うには、意識の問題ではなく、工夫と道具
 ・生活面で、最近は良い書籍が出ているので参考にする
 ・二次障害の強迫性障害に悩まされてる→「自分でルールを作って縛られてしまう」

【対人関係(家族・支援者・職場)】
 ・会話していると、すぐ口を出してしまう
  →10秒ルールはどうか?
 ・夫婦で自分を責めていて認知が歪んでいた
 ・障害のせいで頑張らないといけないと責められる
 ・配偶者に一方的に言われるのが辛い
  →夫婦カウンセリングはどうか?
 ・発達同士だからうまくいくとは限らない
 ・相手を変えるのはできないので、自分のメンタルケアのためにカウンセリング

次回は「茶話会 & ワークショップ in 池袋」を5月27日(日)で開催致します。

今後の開催につきまして、確実にご案内を差し上げるため、メールのご登録をおすすめ致します。

【ご報告】第48回 みどる・中高年発達障害当事者会 in 日暮里

3/25(日)に「第48回 みどる・中高年発達障害当事者会 in 日暮里」を開催致しました。

初めての会場にもかかわらず、18名ものご参加をいただきありがとうございます。

この回から、話題ごとに【就労・就職・仕事】【生活・健康・制度】【対人関係(家族・支援者・職場)】と分けて、よりきめ細かに話し合い・情報交換ができるようになりました。

また、今回新たな試みとして用意致しました【パステル画のワークショップ】も参加者の皆さんに好評をいただきました。

茶話会での話題を挙げてきますので、今後のご参加を検討されている皆様のご参考になれば幸いです。
(なお、下記の話題は公表の許可をいただいたものだけで、全てではないことをご了承ください)

【就労・就職・仕事】
 ・クローズで働いていて上司に配慮を求めにくい
 ・経験ある職種にこだわらず、ネット等の「適職診断」を利用し職探しの視野を広げたり、「就労移行支援事業所」に通ってみる
 ・営業職は意外と第一印象でいけるのでやれた
 ・営業職は移動中に自分1人だけの時間が持てるので気持ちのリセットができる

【生活・健康・制度】
 ・現実に困り事があるのに、病院で診断を受けられず公的支援に結び付けない
 ・老親が全く理解がなく、親バレせずに公的支援に結びつきたい
 ・疲労しやすい、長時間睡眠になっている
 ・睡眠についてヘルスケアウォッチやスマホアプリの活用
 ・やりたい仕事に近い事業所があったけど体力的に不安
 ・障害年金と社労士について
 ・薬が増える事で副作用が不安
 ・社会不安障害(視線不安)があったが薬の服用で効果を感じた

【対人関係(家族・支援者・職場)】
 ・奥さんと共通の趣味として活動しているが、カサンドラで話がかみ合わないといわれる。

次回の「第49回 みどる・中高年発達障害当事者会 in 荏原」は4月22日(日)の開催を予定しております。

募集が始まりましたら、こちらのホームページまたはFacebookhttps://www.facebook.com/midoru2014/)でご案内申し上げますが、確実にご案内を差し上げるためトップページ下部からメールのご登録をおすすめ致します。

 代表理事みつるより、退任の申し出があり2017年12月31日付けで退任となりましたのでお知らせ致します。
 当面の間、会則第13条2により事務局長Mediumが代表代行を行い、今後の茶話会の予定には影響ございません。
 今後ともみどるをよろしくお願い申し上げます。

【退任のご挨拶】

いつも「みどる」を応援してくださっています皆様に、心より感謝申し上げます。

このたび、私「みつる」こと倉鋪 満は、みどる理事の職を辞し、妻と共に新たに設立する「わかば」発達障害当事者会の代表として今後活動することにいたしましたので、皆様にお知らせ申し上げます。

40歳以上の中高年発達障害当事者を対象としている「みどる」の協力団体として、今後も引き続きご支援させていただくと共に、30代以下をも含めた当事者活動を、妻と共に展開すべく「わかば」を設立いたしました。

振り返れば、新みどる発足初年度である今年は、ほんとうに激動の1年でした。
「過去の問題を清算していく」という、参加者の皆様とは直接関係の無い、不毛な時間に私たち理事は多くの時間と労力を割かれ、疲労困憊でありました。
特に、前代表の山瀬さんは、当事者会運営の実務において多大な貢献をしてくださっており、私を含む他の理事は山瀬さんにかなり依存しておりました。
その山瀬さんが山積する渉外問題処理に忙殺されているのを見かねた私が山瀬さんに、「僕は別に名前だけのハリボテでいいから、僕が代表をやりましょうか?渉外担当として、対外的な問題は僕が対応します。実務は今まで通り山瀬さんが仕切ってくださいますか」と提案し、その結果として6月に代表を交代しました。
以来半年。当時山積していた諸問題もひとまず解決をみて、私たち「みどる」は、毎月の当事者会運営に注力できる体制を再構築できました。
「みどる」の名づけ親である「てつにい」さんの理事復帰、ならびに、新しく「ずっちゃん」が理事に就任くださったことにより、みどるが今後も安定して運営するための体制を、最低限は構築できたかと思います。

そんな中、僕にとっていちばん気がかりなのは、まだ30歳手前の妻のことです。
妻は今年、発達障害の診断を受けたばかりで、彼女自身も発達障害について知らないといけないことがたくさんあります。彼女が自分の特性を知り、特性をどう生かしていくかを悟るのも、まだまだこれから時間がかかります。
妻はまだ当分「みどる」参加資格を有していないため、みどるは妻に対する支援ができません。
それで私は、このまま「みどる」の代表を続けるか、妻と一緒に当事者会をやるかを考えた末、みどるを退き、妻と「わかば」を設立するという結論に至りました。

これまでの皆様のご支援に、改めて心から感謝申し上げます。
また、私もまだまだ未熟なため、至らぬ点、不行き届きな点、ご迷惑をおかけした点、多々あったと思います。
この場をお借りしてお詫び申し上げます。

孤独なとき、不安なとき、心細いとき、困ったときや悩んだときは、どうぞ「みどる」や「わかば」という居場所があることを思い出してください。
あなたは決してひとりではありません。
発達障害当事者の仲間はたくさんいます。
あなたをいつも応援します。

最後に、発達障害当事者を含む皆様が、希望を持って穏やかな新年を迎えられますよう、心より祈念いたします。

今までお世話になりました。
本当にありがとうございました。

2017年12月31日
みつる

6月13日の理事会にて、代表理事の交代を議決いたしましたのでお知らせ致します。
今後ともみどるをよろしくお願い申し上げます。

【代表理事退任のご挨拶】

 この度、わたくしMediumは当会みどるの代表理事を退任致しましたのでご報告させていただきます。
 昨年4月に「茶話会の安定開催」を掲げ、旧みどる代表に就任して以来、今日まで微力を尽くしてまいりました。
 今年3月の組織改編以降も、まずは各団体のご尽力によるものではありますが、旧みどるを母体とする各団体の開催予告が複数月先まで行われており、最低限公約は果たせたものと考えております。
 その一方、当事者を取り巻く環境の変化を、茶話会の現場からは勿論、社会的にもNHKで1年に渡る発達障害のキャンペーンが組まれるなど強く感じております。
 つきましては、来るべき変化に対応すべく内部の実務に専念させていただき、より責任の重くなる代表職には、成人当事者会NPOなどでの活動経験が豊富であるみつる氏が就任することになりました。
 今までのご協力に対し、参加者の皆様をはじめ、新旧みどるのスタッフ各位、全ての皆様に感謝申し上げます。
 今後とも、みどるをよろしくお願い申し上げます。

2017年6月14日
Medium

【代表理事就任のご挨拶】

 このたび、Medium氏に代わり、代表理事に就任いたしました、みつるです。
 発達障害当事者のための居場所は、これからますます求められてくると考えております。
 また、就労支援・生活支援など、具体的な援助の一環として、当事者のノウハウを共有していくこと、傾聴・SSTなどコミュニケーションスキルを培っていくことも必要になってくると思います。
 そのため、新しいみどるは、単に居場所としてだけでなく、成人発達障害当事者のための支援活動の幅を広げていきたいと考えております。
 また、私は、約5年にわたり、関西での当事者活動に関わってまいりました。その経験を生かし、首都圏だけでなく関西や他の地方との当事者団体とも連携していきながら、当事者会が、これから増加する当事者たちの受け皿として、もっと多くの会が、できるだけ長く存続し、強くしなやかなものとなる一助になれればと考えております。
 特に、当みどるは、中高年向けの団体として、身体的な衰え・親の介護・中高年の就業といった課題にも取り組んでまいりたいと考えております。
 皆様のご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

2017年6月15日
みつる

お知らせ

2017年4月27日付で「くすぼう」氏が理事を退任されました。

氏は旧みどるの共同設立者でもあり、当事者活動およびみどるに多大なる貢献がありました。
今後も大所高所からご指導・ご支援をいただくことも多くあると存じますが、改めて今までのご尽力に深く御礼を申し上げると共に、今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

平成29年4月29日
みどる 中高年発達障害当事者会
代表 Medium

【お詫びと訂正】2017年5月2日
退任を「退会」とするなど、くすぼう氏との関係が全く失われるとの誤解を招く表現がありましたので、若干文言を修正致しました。
くすぼう氏を始め、ご心配をおかけした関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。

ご注意: 当記事は、2016年年末から2017年までサーバー不調により、Webでの告知を行うことができなかったため、記録として過去のご報告です。

次回の開催は 2017/2/11(土曜・祝日)を予定しております。
参加のご応募につきましては、改めて1月28日を目安に告知致しますのでよろしくお願いいたします。

【日時】
平成29年1月8日(日)
13時30分~16時30分

【場所】
北とぴあ (東京都北区王子1丁目11−1)
807会議室  「中高年ハッタツ当事者会」
9F第2和室  「大人のハッタツ当事者会」

【内容】
成人発達障害者による相互のピアサポート(茶話会)
「中高年ハッタツ当事者会」と「大人のハッタツ当事者会」では若干の際がございますので、それぞれの概要につきましては、それぞれの過去の告知をご参照下さい。

中高年ハッタツ当事者会・一覧」「大人のハッタツ当事者会・一覧

PAGE TOP